2013年8月アーカイブ

薬剤師の資格が必要となる職種といえば、病院をはじめとして、調剤、ドラッグストア(マツキヨやトモズなど)等があげられます。 又、薬剤師の資格は、必要ないとはいえないものの、資格が無くても働く事が可能な製薬企業における研究、開発、営業等も薬剤師の職種といえますから、薬剤師の活躍の場は色々と考えられ、職種も様々存在する事となります。

製薬企業は、基本的に薬剤師の資格は必要ないですが、やはり専門的な知識を要する場所と言えるだけに、他の学部と比較しても就職には、断然有利であると考えられます。

ただ、薬剤師の職場と考え、すぐにイメージができるのは、やはり調剤薬局や病院などですし、一般に薬剤師と言えば、そうしたイメージが強い傾向にあります が、実際は、薬局をはじめとして、製薬企業であるとか、病院薬剤師であるとか、学校薬剤師であるとか、様々な場所で薬剤師は活躍できる存在ですから、薬剤 師の資格を得ることは、就職難とは、関係ない資格であるとも言えますが、薬剤師の現状、将来性を考えてみると、薬剤師が急激に増え、それにより『飽和状 態』『失業時代』が来るとも言われ、就職する事も徐々に難しくなるのでは?という声もあります。

しかしながら、薬剤師が活躍できる場は、非常に増えており、尚且つ薬剤師が『資格+α』の何かを持つことにより、益々活躍する場を広げられる事となり、大 いに求められる人材ともなりえますから、今後、薬剤師としての活躍を考えるなら、当然、その資格だけに頼らず、英語力なり、スキルを今以上に高めるなり、 色々な知識を薬学だけでなく付けていく事も非常に重要となってくるのでは?と考えます。

通常、医療資格者は、仕事をする場ということになると医療機関で働く事が多いですが、薬剤師の場合は、医療機関だけに限らず、もっと広い分野での活躍も期 待できる事から、色々な分野において、求められる人材になるためには、やはり、資格だけに頼っているだけでは、就職難に巻き込まれる可能性は高くなると思 います。

最近は、薬剤師における海外留学も多く、それにより薬剤師という資格だけでなく、他知識をつけ、さらなる活躍の場を広げようと努力されている方も多い事か ら、資格を取得、すぐに就職できる、というような甘い考えでは、もしかすると飽和状態の中に陥り、尚且つ失業してしまうという事になりかねませんので、薬 剤師として活躍したい、という気持ちがあれば、その資格だけでなく、色々な知識を高めていく事は、今後厳しい状況になるだけに、重要であると考えます。

このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年7月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク